俺がまだ小学校だった辺り、父母はピアノスクールに

俺がまだ小学校だった辺り、父母はピアノスクールに通わせてくれました。
その当時、電子ピアノというものがあったのかどうかは分かりませんが、私の調教向けに生ピアノを購入してくれました。
父母の話によると、どうも俺から「ピアノを習いたい!!ピアノが欲しい!!」といったそうです。
今現在、俺にも小学校の幼児がいて、乳児のコミットなんて見込みにならないなと痛感して要る職場なのですが、私の「本当に調教するから!」というふれこみにあたって生ピアノを購入してくれた父母には念頭があがりません・・・。
俺がピアノスクールへ通ったのは小学6年頃の辺りまでだったという記憶していらっしゃる。
始めたのが保育園の年長組でしたので、7年頃もの間ピアノスクールに通っていたわけです。
その間、俺がピアノの調教に一所懸命だったかどうにかというと、そうではなかったように思います。
7年間である程度は弾くことができるようにはなりましたが、さらによく練習しておけばよかったなと感じています。
こんな荒筋で購入してもらった生ピアノですが、今もマイホームに置いてあって、私の幼児が時折使っています。つむじの薄い私